前へ
次へ

山梨県の郷土食について

山梨県の郷土食は昔、米が貴重だったことから小麦を中心とした粉食や芋などの穀物を中心としています。ほうとうや吉田のうどん、おばくやせいだのたまじです。ほうとうは山梨県で最も有名な郷土料理です。カボチャなどの季節の野菜と平打ちうどん、肉を味噌仕立ての汁で煮込んで作った料理です。武田信玄によって考案されたと言われています。吉田のうどんはとてもコシと歯ごたえのあるうどんで、キャベツを具材として多く使っています。富士吉田市の郷土料理で、織物業が盛んで女性が担当していたため男性が用意していました。おばくは皮をむいて一晩中水に浸した麦を、たっぷり入れた水で柔らかく炊いたご飯です。じゃがいもやさつまいも、金時豆など入れてねぎ味噌をつけて食べます。せいだのたまじは小さなじゃがいもを味噌で長時間甘辛く煮た料理で、上野原市棡原地区で食べられています。江戸時代で大飢饉が起き、中井清太夫がじゃがいもを村人に作らせたことにより、上野原ではじゃがいもを「せいだ」と呼ぶようになりました。

Page Top